LINE 株式会社との資本業務提携に関するお知らせ 〜 LINE 広告プラットフォームの共同開発、運営を開始~


M.T.Burn 株式会社 (本社:東京都港区、代表取締役 CEO 佐藤 裕介、以下 M.T.Burn) と LINE株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO 出澤 剛 、以下 LINE 社) との間で、広告プラットフォーム事業における共同事業推進を目的とした資本業務提携契約の締結に合意いたしましたのでお知らせいたします。

本提携により、M.T.Burn ではコミュニケーションアプリ「LINE」をはじめとした、 LINE 社が提供するサービス内で展開される広告プラットフォームの開発、運用、またその販売を行ってまいります。


linepress

M.T.Burn では、自社で開発するネイティブ広告プラットフォーム「Hike」を通じて多くの媒体社の収益化支援、広告主への広告商品の提供を行ってまいりました。
ネイティブ広告は 2017 年に北米において 2 兆円市場になると予想されており(*1)、名実共にデジタル広告における主流になると考えられます。そのネイティブ広告市場において、私たちは日本市場のみならず、グローバルでリーディングカンパニーになることを目指してまいりました。
現在、大手媒体社を中心に 4 ヵ国 (日本、タイ、トルコ、インドネシア) にて 1,000 を超える媒体社さまの収益性向上のサポートをさせていただいております。

また、LINE 社では、ユーザーおよび利用の拡大に伴い、そのユーザーベースやアクティブ率の高さを活かし、LINE 公式アカウントやスポンサードスタンプ、LINE フリーコインなど、様々な形態で企業と消費者を繋ぐマーケティングプラットフォームとしての利用を推進してきました。現在では、大手企業・ブランドを中心に累計で 500 社を超える企業が LINE をマーケティングに活用するなど、スマートフォンにおけるユーザーコミュニケーションに欠かせないチャネルとしての地位を確立しています。

M.T.Burn では LINE 広告プラットフォーム事業を LINE 社と共同で立ち上げ、今後益々注目されるネイティブ広告領域において、新たな広告商品の共同開発と販売、運用等、更なる価値の提供を行ってまいります。

<補足説明>
*1 出典元: BI Intelligence(Spending on native advertising is soaring as marketers and digital media publishers realize the benefits)May 20, 2015
http://www.businessinsider.com/spending-on-native-ads-will-soar-as-publishers-and-advertisers-take-notice-2014-11

【M.T.Burn 株式会社について】
デジタル広告をより美しく、ユーザーにとって役に立つ情報や興味深いコンテンツに進化させるネイティブ広告プラットフォーム「Hike」を開発・提供しています。
ひとつの広告原稿を、それぞれのメディアのデザインに自動的になじませる技術や、メディア・コンテンツの分析技術、ユーザーの興味にあわせ広告配信を行うターゲティング技術などが競争基盤となるテクノロジー企業です。
現在数千のスマートフォンメディアへ広告配信が可能となっており、多くの広告主様にご利用いただいております。
URL:http://mtburn.jp/
所在地:東京都港区六本木6-3-1 六本木ヒルズクロスポイント5F
代表者名:代表取締役 佐藤 裕介
資本金:3,950万1,000円
事業内容:スマートフォン向けネイティブ広告プラットフォームの開発・提供

【本件に関するお問合せ先】
M.T.Burn 株式会社 谷塚 (やつか)
E-mail: kenzo@mtburn.com